中古ドメインでサイトを運用し始めて、「こんなはずじゃなかった」「何かおかしい」と感じたことはありませんか?

中古ドメインでサイトを運用し始めて、「こんなはずじゃなかった」「何かおかしい」と感じたことはありませんか?それは貴方が使っている被リンクに問題があって、このままではインデックスが削除される心配すらあります。

中古ドメインをQRコード付き無料サーバーに適用

ウェブサーバーは無料で利用できるケースが増えています。従来の無料サーバといえば使い勝手が悪く、広告が沢山あるというイメージの方が多いようですが、広告が控えめでqrコードなどで紹介するモジュールが最初から組み込まれているなど使い勝手も大変よくなっています。そのためサテライトサイトでの無料サーバーの利用が増えています。サテライトサイトはメインサイトへバックリンクを送るための重要なウェブサイトですが、数が必要になることから専用サーバでの運用は厳しいものがあります。また、1つのサーバで運用するとIPアドレスが重なることからサテライトサイトとして評価が下がると考えられます。そのため、無料サーバーをうまく活用することが求められています。ただし、無料サーバーの場合はプロパイダなどのドメインであることからあまりウェブサイトとして評価されないケースが多いです。そこで中古ドメインを適用するサテライトサイトとしての運用が試行されています。無料サーバーでは有料オプションでドメインが適用できるケースが多くなっており、中古ドメインを活用する事例が増えています。中古ドメインについては主となるWebサーバで運用されるケースが多いのですが、数が多くなって価格も下がってきたことからサテライトサイトでも積極的に利用されるようになっています。中古ドメインの価格は従来年間の維持費の10倍程度の価格であることが多かったのですが、数倍程度の価格まで下がってきています。ウェブサイトとして運用実績があるドメインであればどのドメインでも利用する価値があります。もちろん、ブラックリストに載っているようなドメインは避ける必要がありますが、低価格で選べるようになったことで利用する方が急増しています。